添加物入りの育毛剤の怖さ

育毛剤を選ぶ際に気をつけなければならないのは、どのようなことでしょうか。そもそも、髪や頭皮を健康に保ち、発毛や育毛の効果を得るために使用するのが育毛剤なのですから、ダメージを与えるような成分が配合されているのは好ましくないはずです。しかし、現在売られているほとんどの育毛剤には、添加物が使用されているのです。
http://xn--b9j4d5dqa2jua9a2741g9mng1g.asia
抜け毛や薄毛の原因は、頭皮の状態が悪かったり、トラブルがあるからなのに、そこに添加物で更に刺激を与えてしまっては、かぶれや痒みなど、更なるトラブルの原因になりかねません。それだけではなく、刺激の強い添加物配合の育毛剤を毎日使っていると薄毛や抜け毛などの悩みを更に深刻にしてしまう危険性すらあります。
育毛剤によく使われる添加物で特に注意しなければならない成分に、「プロピレングリコール」があります。アルコールの一種で、頭皮のかゆみを誘発する副作用があります。アルコール成分を利用した添加物の濃度が高いと、頭皮の乾燥を招きます。皮脂が多すぎるのはもちろん良くありませんが、乾燥しすぎるのも問題なのです。薄毛を更に進行させてしまいます。添加物の種類は他にもたくさんありますが、何のために育毛剤を使うのかをよく考えれば、無添加のものを選ぶのが最善なのは言うまでもありません。

海草で健康な髪に

昆布やワカメなどの海藻類が髪にいいのは、良く知られていますね。店頭で手に入る海草は、だし用の昆布やとろろ昆布、ワカメの佃煮やひじきなど、いろいろな種類があります。海草はマグネシウムや鉄分などのミネラルが豊富で、カロテン、ビタミンKなどの各種ビタミン類、また食物繊維も豊富です。そして、もうひとつ海草に多く含まれる栄養素が、ヨードです。ヨードは脂質や糖質の代謝を促進し、脂肪の燃焼を助けます。皮膚や爪を作るのもヨードの働きです。
http://xn—-c9tyg445zsqq.asia
また、髪の毛を作る毛母細胞の働きを活発にする作用もあります。日本食はこれら髪や身体に良い海草を多く取り入れた料理が多いですが、近年の食の欧米化で海草の摂取量は減っています。海草サラダや酢の物など、意識して積極的に食事に取り入れていきたいものです。ただ、海草だけ食べたところで髪が健康になるわけではありません。髪の毛の主な成分はケラチンというタンパク質ですので、艶やかで健康な髪を作るにはこのタンパク質が不可欠です。タンパク質と共に海草を摂取すれば、相乗効果により更に育毛の効果が増すでしょう。しかし髪だけでなく身体の健康のためにも、バランスの取れた食生活や規則正しい生活を心がけることが何より重要です。

アトピー性皮膚炎 大人 体質改善

アトピー性皮膚炎というのは、皮膚がアレルギー反応を起こして、
湿疹などの反応を起こしてしまうもので、過敏症の一つです。

アトピー性皮膚炎が起きてしまう原因として考えられるものは、

・遺伝的要因
・栄養要因
・環境要因

などが挙げられます。
遺伝的要因とは、例えばお母さんがアトピー性皮膚炎だった場合、
その子供もアトピー性皮膚炎になる可能性が強い、ということです。

また、栄養要因では、リノール酸(脂肪酸の一種)がアトピー性皮膚炎と関係していることが発見され、
アトピー性皮膚炎の方は、リノールさんの含有量が少ない食事を摂ることで、
症状が改善されたというケースもあるので、
自分の摂っている食事が原因の場合もあるようです。

また、環境的要因としては、例えばシーツや布団をよく洗わず、
そのままにしておくと、ダニなどが発生し、それが原因でアトピーを発症してしまう、
ということもあるようです。

つまり自分の肌が直接触れるものは常に清潔に保ってえおく必要がある、
ということですね。

ちなみに、通常アトピーは子供に発症しやすい、と言われています。
子供はまだ抵抗力が低いので、アトピーが発症することがありますが、
一般的にその症状は大人になるにつれて緩和され、ほとんどが治ると言われています。

というのも、大人になるにつれて、免疫が上がるからです。
しかしそれでも、成人になってもアトピー性皮膚炎になることもあります。

その症状としては、顔や首が赤くなったり、かゆくなったり、
時には合併症をおこしてヘルペスになったりするといったものがありいます。

こういった成人してからのアトピー性皮膚炎、というのは、
自分の生活環境が一番の原因になっていることが多いです。

例えば、生活習慣の悪化です。
毎日続く残業によるストレス、睡眠不足、人間関係によるストレスなど、
様々な要因が合わさって、肌が敏感になってしまったり、
または使用する衣類や石鹸などが肌が不安定になっているときに使用してしまうことで、
アレルギー反応を起こし、アトピー性皮膚炎を発症してしまうこともあるそうです。

では、もしアトピー性皮膚炎が成人になってから起こってしまった場合、
一体どうすれば、直せるのでしょうか?

実は、体質改善でアトピー性皮膚炎を改善をすることが出来るんです。

乱れた生活習慣を改善していくことで、
不安定な肌を元の安定した状態に戻してあげることで、
アトピーを緩和することが出来ます。

揚げ物だけを食べていたり、カップラーメン・ジャンクフードばかり食べていたり、
そういったものばかりを食べるのを止めて、
腸内環境を整えていくことで、体の内側からアトピーを改善していくことができるのです。

元の乱れた生活習慣から正しい生活習慣に戻すのは、
中々大変なことですが、こういった身近なことから改善していくことで、
アトピーを改善していきましょう!

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎、というのは、成人になっても起こる場合があります。
ですが、通常アトピー性皮膚炎が起こるのは、
赤ちゃんや思春期以前の子供の場合が多いのです。

というのも、子供はまだ大人に比べて抵抗力が少ないので、
色々なものに大して過敏な状態です。
ですが、通常大人になれば、抵抗力・免疫力がアップするので、
その症状は治っていくことがほとんどです。

ですが、大人になってから子供のときのアトピー性皮膚炎が残ってしまう場合があります。
例えば、子供のときのアレルギーが大人になって落ち着いたとしても、
ちょっとしたことが原因で、落ち着いていたアレルギーがまた引き起こされてしまう場合もあるんです。

では早速アトピー性皮膚炎の詳細を見ていきましょう!

まず、アトピー性皮膚炎の原因として考えられるものは、
2歳未満~12歳の場合は、
「食物・発汗・物理的刺激・環境因子・細菌・真菌」
が原因でアトピー性皮膚炎が起こっている場合もあります。

また12歳~13歳以上の場合、
「環境因子・発汗・物理刺激・細菌・真菌・アレルゲン・ストレス・食物」などが、
原因でアトピー性皮膚炎を発症していることもあります。

また、遺伝的要因でアトピー性皮膚炎になることもあります。
もしお母さんがアトピー性皮膚炎だと、その子供も皮膚炎を発症しやすい、
というわけですね。

また、汗が原因であせもや湿疹などを起こしている場合、
それもアトピー性皮膚炎です。

またアトピー性皮膚炎の特徴として、
挙げられるのは、首や顔に赤い湿疹が現れると同時に、
強いかゆみを伴い、それを掻き毟ってしまい、
それがさらに悪化してしまい、肌が傷ついてしまったり、
ヘルペスになってしまったり、合併症を引き起こしてしまうのも、
アトピー性皮膚炎の特徴です。

ちなみに、アトピー性皮膚炎になってしまって、
もし合わない塗り薬などを使用し続けることで、
状態を悪化させることがあるので、自分にあった薬を使用するのが必要です。

もしアトピー性皮膚炎が発症してしまったら、
まず皮膚科に行って専門家からアドバイスを受けましょう。
間違っても独断で、市販の薬を使用したり、
掻きむしったり、状態を悪化させるようなことはしないように気をつけましょう。

また、身に着けるものを清潔に保ったり、
食べる食事を脂っこいものばっかり、甘いものばっかり、といったバランスの悪い食事をやめ、
野菜を積極的に取り入れ、バランスの良い食事を心がけ、
体内の腸内環境を整えることで、アトピー性皮膚炎を改善していくことも可能です。

ちなみに子供のアトピー性皮膚炎の場合、
子供はかゆければ引っかいてしまう、我慢が出来ない、ということが多々あるので、
もしひどい場合は皮膚科に行き、医師と相談して治療を進めましょう。

アトピー性皮膚炎と付き合っていくのは、かなり大変なものですが、
生活習慣を改善したり、身の回りの清潔さに気を配ることで、
症状を改善することができるので、医師と相談して、
出来ることから治療に向けて改善していきましょう!

アトピー 新薬

最近、アトピーを持っている方にとっての朗報がありましたよね!

なんと新薬が開発されたんです。

アトピー性皮膚炎の症状の改善が期待できる人工合成化合物を発見したのは、
京都大大学院の研究グループです。

まず、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因としては、皮膚の保護機能低下が挙げられます。
皮膚の保護機能が低下っすることで、異物が混入しやすくなり、
そこでアレルギー反応が起こって、アトピー性皮膚炎を発症してしまう、
というわけですが、アトピー性皮膚炎を患っている方は、
皮膚炎の原因の一つでもある、アレルゲンをブロックするたんぱく質である、
「フィラグリン」の働きが低下しているそうです。

京都大学が今回発見した物質は、アトピー性皮膚炎を患っている対象に投与すると、
この「フィラグリン」を増やす働きがある、というもので、
今回この発見をした研究グループはマウスで既にアトピー性皮膚炎を改善させることに成功しており、
実用化に大きな期待がかかっています。

確かに、この発見により、実際にフィラグリンを利用した新薬の開発が実現されれば、
アトピー性皮膚炎の方にとっては、素晴らしい知らせです。

実際京大が実験を行ったマウスの写真を見ましたが、
この新しい物質を投与されたマウスは、ほとんど見た目に異常が無いくらいに、
アトピー性皮膚炎が改善されていました。
一方で、物質が投与されていなかったマウスの見た目は、
掻き毟ったのか少し血がにじんでおり、アトピー性皮膚炎の改善はされていませんでした。

やはり、フィラグリンが増加した、というのがアトピー改善に働いているのでしょうが、
そもそもフィラグリン、というのは一体どういう物質なのでしょうか?

フィラグリンは先述したとおり、アレルゲンをブロックしてくれるたんぱく質の一種ですが、
もっと詳しく言うと、塩基性たんぱく質の一種で、皮膚のバリア機能を担う、
角質層を形成する重要な役割果たしている物質なのです。

また、プロフィラグリンというフィラグリンが10~20個連なった、
プロフィラグリンという巨大なたんぱく質もあるそうです。

ちなみに、このフィラグリンが生成されないことが原因で、
角質異常・皮膚保護機能の低下・皮膚炎の原因にもなるそうです。

そしてアトピー性皮膚炎の方に多く見られる特徴は、
このフィラグリンの遺伝子異常が共通して見つかっているそうです。

従来、アトピー性皮膚炎を治療する薬と言えば、
ステロイド外用薬がほとんどだったと思います。
ですが、ニキビができたり、皮膚が赤くなったり、
副作用が起こることもあり、使用が不安な方も多いと思います。

一日も早く、この新しい物質の新薬が開発・実現され、
アトピー性皮膚炎の方たちの症状が緩和されると良いですよね!
その日を期待して首を長くして待ちましょう・・・