ミノキシジルタブレットで起こる副作用とは

ミノキシジルタブレットはAGA治療を行っている、クリニックで一般的に処方される内服薬です。
AGAとは男性ホルモンが原因で起こる、受け毛や薄毛の症状で、クリニックで治療する事が可能となっています。

ミノキシジルタブレットはミノキシジルという、成分を含んだ内服薬です。
ミノキシジルは血行を改善する作用があり、頭皮の血行を改善して毛根に栄養素を、行き渡らせる事が出来ます。
毛根に栄養が届くと、その分太く丈夫な髪を育てる事ができるので、ミノキシジルはAGA治療に有効です。

クリニックではミノキシジルを、育毛剤に配合したものも処方していますが、育毛剤は頭皮から浸透させなければいけない為、効果が出るまでに時間がかかります。

一方、ミノキシジルタブレットなら、直接体内にミノキシジルを入れる事が出来るので、より発毛効果が促されるのです。
ただ、発毛効果に優れたミノキシジルタブレットですが、副作用が一切ないという訳ではありません。

ミノキシジルは血流を良くし、毛根に栄養を与える作用がある為、頭皮だけでなく全身の無駄毛が濃くなったと、感じる方もいるようです。
また、ミノキシジルは元々、高血圧の治療に使われてきた成分なので、血圧に異常がない方が服用すると、血圧が下がるという副作用もあります。