男性型脱毛症に効果のあるハリフィン

男性は思春期以降になると、多くのテストステロンとよばれる性ホルモンが分泌されます。
そのホルモンの分泌によってジヒドロテストステロンの濃度が上昇すると、抜け毛の原因となります。男性の脱毛のおよそ9割はこの男性型脱毛症が原因であるといわれており、20代以降の男性のおよそ6割はAGAになります。
AGAの原因は、遺伝や生活習慣、ストレスなどによるもので、薬を服用することによって血中のジヒドロテストステロン濃度を低下させ、脱毛を食い止めることがでいます。
ハリフィンは、フィナステリドとよばれる薬効成分が含まれた、AGAを治療する薬です。男性型脱毛症の医薬品にはプロペシアがありますが、プロペシアと同じ成分であるフィナステリドが含まれた薬です。ハリフィンを服用することによって、テストステロンがジヒロテストステロンへ変換するのを阻害する働きがあります。
ハリフィンはプロペシアと同じ効果がありながらも、ジェネリック医薬品であるために非常に安価で購入をすることができます。病院で処方されるプロペシアは月に1万円以上かかることもありますが、ハリフィンならば数百円ですみます。このような薬は長期にわたって服用するので、費用が安ければ長期的にかなり安くなります。