アトピー性皮膚炎 大人 体質改善

アトピー性皮膚炎というのは、皮膚がアレルギー反応を起こして、
湿疹などの反応を起こしてしまうもので、過敏症の一つです。

アトピー性皮膚炎が起きてしまう原因として考えられるものは、

・遺伝的要因
・栄養要因
・環境要因

などが挙げられます。
遺伝的要因とは、例えばお母さんがアトピー性皮膚炎だった場合、
その子供もアトピー性皮膚炎になる可能性が強い、ということです。

また、栄養要因では、リノール酸(脂肪酸の一種)がアトピー性皮膚炎と関係していることが発見され、
アトピー性皮膚炎の方は、リノールさんの含有量が少ない食事を摂ることで、
症状が改善されたというケースもあるので、
自分の摂っている食事が原因の場合もあるようです。

また、環境的要因としては、例えばシーツや布団をよく洗わず、
そのままにしておくと、ダニなどが発生し、それが原因でアトピーを発症してしまう、
ということもあるようです。

つまり自分の肌が直接触れるものは常に清潔に保ってえおく必要がある、
ということですね。

ちなみに、通常アトピーは子供に発症しやすい、と言われています。
子供はまだ抵抗力が低いので、アトピーが発症することがありますが、
一般的にその症状は大人になるにつれて緩和され、ほとんどが治ると言われています。

というのも、大人になるにつれて、免疫が上がるからです。
しかしそれでも、成人になってもアトピー性皮膚炎になることもあります。

その症状としては、顔や首が赤くなったり、かゆくなったり、
時には合併症をおこしてヘルペスになったりするといったものがありいます。

こういった成人してからのアトピー性皮膚炎、というのは、
自分の生活環境が一番の原因になっていることが多いです。

例えば、生活習慣の悪化です。
毎日続く残業によるストレス、睡眠不足、人間関係によるストレスなど、
様々な要因が合わさって、肌が敏感になってしまったり、
または使用する衣類や石鹸などが肌が不安定になっているときに使用してしまうことで、
アレルギー反応を起こし、アトピー性皮膚炎を発症してしまうこともあるそうです。

では、もしアトピー性皮膚炎が成人になってから起こってしまった場合、
一体どうすれば、直せるのでしょうか?

実は、体質改善でアトピー性皮膚炎を改善をすることが出来るんです。

乱れた生活習慣を改善していくことで、
不安定な肌を元の安定した状態に戻してあげることで、
アトピーを緩和することが出来ます。

揚げ物だけを食べていたり、カップラーメン・ジャンクフードばかり食べていたり、
そういったものばかりを食べるのを止めて、
腸内環境を整えていくことで、体の内側からアトピーを改善していくことができるのです。

元の乱れた生活習慣から正しい生活習慣に戻すのは、
中々大変なことですが、こういった身近なことから改善していくことで、
アトピーを改善していきましょう!