アトピー 新薬

最近、アトピーを持っている方にとっての朗報がありましたよね!

なんと新薬が開発されたんです。

アトピー性皮膚炎の症状の改善が期待できる人工合成化合物を発見したのは、
京都大大学院の研究グループです。

まず、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因としては、皮膚の保護機能低下が挙げられます。
皮膚の保護機能が低下っすることで、異物が混入しやすくなり、
そこでアレルギー反応が起こって、アトピー性皮膚炎を発症してしまう、
というわけですが、アトピー性皮膚炎を患っている方は、
皮膚炎の原因の一つでもある、アレルゲンをブロックするたんぱく質である、
「フィラグリン」の働きが低下しているそうです。

京都大学が今回発見した物質は、アトピー性皮膚炎を患っている対象に投与すると、
この「フィラグリン」を増やす働きがある、というもので、
今回この発見をした研究グループはマウスで既にアトピー性皮膚炎を改善させることに成功しており、
実用化に大きな期待がかかっています。

確かに、この発見により、実際にフィラグリンを利用した新薬の開発が実現されれば、
アトピー性皮膚炎の方にとっては、素晴らしい知らせです。

実際京大が実験を行ったマウスの写真を見ましたが、
この新しい物質を投与されたマウスは、ほとんど見た目に異常が無いくらいに、
アトピー性皮膚炎が改善されていました。
一方で、物質が投与されていなかったマウスの見た目は、
掻き毟ったのか少し血がにじんでおり、アトピー性皮膚炎の改善はされていませんでした。

やはり、フィラグリンが増加した、というのがアトピー改善に働いているのでしょうが、
そもそもフィラグリン、というのは一体どういう物質なのでしょうか?

フィラグリンは先述したとおり、アレルゲンをブロックしてくれるたんぱく質の一種ですが、
もっと詳しく言うと、塩基性たんぱく質の一種で、皮膚のバリア機能を担う、
角質層を形成する重要な役割果たしている物質なのです。

また、プロフィラグリンというフィラグリンが10~20個連なった、
プロフィラグリンという巨大なたんぱく質もあるそうです。

ちなみに、このフィラグリンが生成されないことが原因で、
角質異常・皮膚保護機能の低下・皮膚炎の原因にもなるそうです。

そしてアトピー性皮膚炎の方に多く見られる特徴は、
このフィラグリンの遺伝子異常が共通して見つかっているそうです。

従来、アトピー性皮膚炎を治療する薬と言えば、
ステロイド外用薬がほとんどだったと思います。
ですが、ニキビができたり、皮膚が赤くなったり、
副作用が起こることもあり、使用が不安な方も多いと思います。

一日も早く、この新しい物質の新薬が開発・実現され、
アトピー性皮膚炎の方たちの症状が緩和されると良いですよね!
その日を期待して首を長くして待ちましょう・・・