アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎、というのは、成人になっても起こる場合があります。
ですが、通常アトピー性皮膚炎が起こるのは、
赤ちゃんや思春期以前の子供の場合が多いのです。

というのも、子供はまだ大人に比べて抵抗力が少ないので、
色々なものに大して過敏な状態です。
ですが、通常大人になれば、抵抗力・免疫力がアップするので、
その症状は治っていくことがほとんどです。

ですが、大人になってから子供のときのアトピー性皮膚炎が残ってしまう場合があります。
例えば、子供のときのアレルギーが大人になって落ち着いたとしても、
ちょっとしたことが原因で、落ち着いていたアレルギーがまた引き起こされてしまう場合もあるんです。

では早速アトピー性皮膚炎の詳細を見ていきましょう!

まず、アトピー性皮膚炎の原因として考えられるものは、
2歳未満~12歳の場合は、
「食物・発汗・物理的刺激・環境因子・細菌・真菌」
が原因でアトピー性皮膚炎が起こっている場合もあります。

また12歳~13歳以上の場合、
「環境因子・発汗・物理刺激・細菌・真菌・アレルゲン・ストレス・食物」などが、
原因でアトピー性皮膚炎を発症していることもあります。

また、遺伝的要因でアトピー性皮膚炎になることもあります。
もしお母さんがアトピー性皮膚炎だと、その子供も皮膚炎を発症しやすい、
というわけですね。

また、汗が原因であせもや湿疹などを起こしている場合、
それもアトピー性皮膚炎です。

またアトピー性皮膚炎の特徴として、
挙げられるのは、首や顔に赤い湿疹が現れると同時に、
強いかゆみを伴い、それを掻き毟ってしまい、
それがさらに悪化してしまい、肌が傷ついてしまったり、
ヘルペスになってしまったり、合併症を引き起こしてしまうのも、
アトピー性皮膚炎の特徴です。

ちなみに、アトピー性皮膚炎になってしまって、
もし合わない塗り薬などを使用し続けることで、
状態を悪化させることがあるので、自分にあった薬を使用するのが必要です。

もしアトピー性皮膚炎が発症してしまったら、
まず皮膚科に行って専門家からアドバイスを受けましょう。
間違っても独断で、市販の薬を使用したり、
掻きむしったり、状態を悪化させるようなことはしないように気をつけましょう。

また、身に着けるものを清潔に保ったり、
食べる食事を脂っこいものばっかり、甘いものばっかり、といったバランスの悪い食事をやめ、
野菜を積極的に取り入れ、バランスの良い食事を心がけ、
体内の腸内環境を整えることで、アトピー性皮膚炎を改善していくことも可能です。

ちなみに子供のアトピー性皮膚炎の場合、
子供はかゆければ引っかいてしまう、我慢が出来ない、ということが多々あるので、
もしひどい場合は皮膚科に行き、医師と相談して治療を進めましょう。

アトピー性皮膚炎と付き合っていくのは、かなり大変なものですが、
生活習慣を改善したり、身の回りの清潔さに気を配ることで、
症状を改善することができるので、医師と相談して、
出来ることから治療に向けて改善していきましょう!